断ることも優しさです。

癒し系ポジティブ仲人池田です。
今日は 断ることの大事さのお話。

お見合い後 次回もお会いしましょうと交際スタート。
お相手が自分よりも交際に対する温度が高め。
ぐいぐいやってくる。
かなり気に入ってくれているのは嬉しいけど恋愛関係には進みそうにない感じ。
申し訳なくて断りづらい…。

これって実は凄く悩んでいるように見えて、実際は優しくありません。
何故なら 結婚相談所の交際は3カ月と決まっています。
3カ月でプロポーズまでにいくメソッドがあるのです。

その期間をズルズル引っ張って交際するとお相手も当然 結婚に向かって進んでいるものと思うので、土壇場でのごめんなさいほど申し訳ないことはないのです。

気に入ってくれている人がいるなら悪い気はしない。
結婚となると違うかもしれないけどキープ。
これ以上失礼なことはありません。

お相手の貴重な時間と真摯な気持ちを弄んでいることになってしまいます。

断ることに悩む 申し訳ないと思う。
でもここでいい人になる必要はありません。

直接お相手にごめんなさいせずに仲人が間に入って仲人からごめんなさいしますから、その時点で双方連絡先削除。
それが結婚相談所の合理的なルールです。
直接気まずい思いをする必要はありません。
また一からお相手探しの始まりです。

活動している今が一番若いのです。

なんか違うと思って無理してお付き合いしても
なんか違います。

一緒にいて楽しい?
一緒にいてラク?
一緒にいて気を遣わない?

恋愛の好きはワクワクドキドキが醍醐味ですが、結婚は一緒にいてどうなのか そこが大事になるのでお相手選びの基準は、多分今まで出会ったことのないタイプの方が多いのです。

だってまだ出会っていないから婚活しているんです。
時間は有効に使いましょ。