大きなツノが2つある恐竜

癒し系ポジティブ仲人池田です。
大きなツノが2つある恐竜の話です。
先日 3歳くらいの男の子とミニブロックをして
待ち時間を過ごしておりました。
そうすると
ママが恐竜を作ってくれたけん、恐竜を作って
とリクエストがありました。
ミニブロックは15個くらい。
どんな恐竜作りたいの?
大きなツノが2つある恐竜。
ブロックが足りないかもしれない。
ママの作った恐竜はどんな感じだったか作って見ることできる?
とお話するとその子は頑張って大きなツノの恐竜を作り上げました。
大人が考えると
そもそも15個でツノのある恐竜はできない
立たせるの? 平面でいいの?
ママの完成形と違うじゃん
とかいろいろ先入観ありありで考えますが
子供の自由な発想力はできないものを作り上げています。
日常生活ではできるけど、恋愛となると
なかなかこの先入観があってうまくいかないと
いう方、結構多いですよね。
ゴールデンウィークにお出かけ先で
小さな子供がいるファミリーを観察して
忘れていた自由な発想力を取り戻す時間に
使ってみてもいいかもですね。