食の好みは大きい

癒し系ポジティブ仲人池田です。
食の好みを気にするうちの話です。

男性会員さまで、お見合いから初デートになった時に、初デートはどこにしたらいいですか?というご相談を受けることがあります。

どんな食べ物をお相手が好きか、できればリサーチしてあれば、ラクなんでしょうが、そこまで聞き取りができていなかったら、とりあえずイタリアンをお勧めしています。
そこまで畏まらずにカジュアルだから。

初回から退くようなコース料理を予約しても
緊張して話せなかったらもったいないし、
後が続かなくなります。

何回かお食事デートをかさねて
いつも自分が食べるようなものや
食べてみて美味しかったお店や
常連のお店に行けるようになれば前向きに進みます。

しかし、彼女が喜ぶだろうし、自分もいいところを見せたいからと頑張って日常使いじゃないお店ばかりに行くと、女性は先のことを考えてしまいます。
それはズバリ結婚したあとのお金の散財。
無駄遣いが多いんじゃないかな とか
貯金がないんじゃないかな とか妄想し始めるのです。

結婚して一緒に暮らす人は、一緒にいてラクな人
毎回日常使いじゃないお店に行くには、毎回気を
使わないといけません。

実は毎回お寿司よりも、外でお互いの手作りのお弁当やおかずを食べたいかもしれません。
自宅でまったりたこ焼きパーティーしたいかもしれません。

食の好みはダイレクトに生活環境が見えてきます。だから最初は仕方ないけれど、慣れてきたら
無理する必要はありません。

そのうち、一緒にいるだけでもいいという環境に
変わりますよ。