お父さんみたいな人がいい

娘を持つ父親としては言われて嬉しい言葉です。
でもお母さんの立場に立つとちょっと複雑のようです。
先日こういうご相談を受けました。

娘と父親はとても仲がいい。私がそろそろ結婚しないと大変なことになる・・・と主人に話すと「無理に結婚させなくてもいい。ずっとそばにいればいい」と結婚話には乗り気ではない様子。当の娘さんも仕事柄出逢いがない職場にいて、普通に恋愛するのも難しそう。昔彼もいたようだけど長続きがしない様子で、お父さんみたいな人と結婚したいと言っているんです・・・

娘さんが見ているお父さんは、子供の頃の印象が強くて、優しくて頼りになって大きな存在。家族の思い出の中心にいつもいて初めて自分を守ってくれた異性です。

しかしこのお父さんは昔からこんなお父さんだったわけではなく、お母さんとの出会いで家族を作り、今のお父さんになっているわけで、徐々に作り上げてきたものです。

だからいくら娘さんがお父さんみたいな人がいい・・・
と言ったところで当然そんな人はいません。
どことなく似ている素地の人を教育していくことで、
少しでもお父さんに近づけるかもしれませんが、育てていく時間が必要なんです。

その時間を考えずに、目の前の彼とお父さんの器の大きさを比べて、なんか違う・・・と出会いを繰り返しても上手くいくわけはありません。

お父さんみたいな人がいい・・・ということは、自分が生活してきた家族のような家庭を作りたいという願望があるということ。
将来のパートナーは、性格だったり、モノの考え方であったり、好きなものであったり、趣味であったり、しぐさであったり、あとで気づいたら、なんかお父さんと似ているかも・・・ということが多いようです。(実際私もそうです・・)

今の自分の居心地がいい家族を基準にこうじゃなきゃいけないと折角の出逢いを棒にふるのはモッタイナイ。
居心地のいい場所は自分から作るもの。
自分の家族は自分で作っていかないと、誰も作ってはくれません。今いる居心地のいい場所は、ずっとそのままじゃありません。
だったら一日でも魅力的なうちに、動いた方がよくないですか!?