目線を合わせる 目をそらす 目が笑っていないなど、目に対する言葉はいろいろあります。
そんなつもりはなくても、目線で今相手が何を考えているのかを
察することができます。
無意識に見ているようでそうではない視線。
ますは自分と置き換えながら確認してみましょう

➀ 見つめる

男性は女性に見られれば見られるほど相手のことを好きになるそうです。
よく男性が「視線を感じるから俺のこと好きなんじゃないかな~」と感じる一コマ。
でも反対に女性が男性に見つめられると、好意のない人だったら
「きもい」と拒否反応を起こされることも・・・
 

② 目をきょろきょろ動かす

これはズバリ緊張している証拠。初対面の相手に対する緊張だったり
自分に自信がないことの現れです。
 

③ 目を合わせていたけれどスッと目をそらす

目が合わせていたのにスッと目をそらすのは拒否のサイン。
話がかみ合わなかったり、意見が合わなかったりと話にならない状態です。
 

④ 目が合った瞬間に目をそらす

相手を意識して気になっておる証拠。
恥ずかしい気持ち、好きなことを伝えきれない状況。
TVのドラマの告白シーンなどがこの例にあたります。
 

⑤ 右上を見ている

未知の体験を想像しているかどんな嘘をつこうかと考えている状況です。
 

⑥ 左上を見ている

過去の体験を思い出している。体験に基づく話なので真実を話しています。
 

⑦ 右下を見ている

言葉で表現しづらい触感や体感 感情を感じている状況です。
 

⑧ 左下を見ている

自分自身に向き合い、自分と対話している状態。物事をじっくり考えている状態です。
 
無意識で相手にこれだけの情報を与えてしまう目の動き。
お話する際の人間性も何気ない目の動きから読み取れてしまいます。
話をする際に、目線を合わせることができない方は、お相手に対して
「興味がないんだな」「自分に自信が持てない人なんだろうな」「もじもじしている」
と捉えられがち。
まずは相手の目を見てお話することを意識しましょう。