まだ好きじゃないのにはあたりまえ

弊社女性会員さまよりデート報告。

彼女はどちらかというと、
人に甘えるのが苦手なタイプ。
なんでも自分で解決してきた方です。

そんな彼女の前に何回会っても苦にならない
ラクーな彼が現れました。
しかし、彼は彼女の要望には100パーセント応えてくれるけど、
お誘いは自分から動いてくれない消極的な彼。
彼女が行きたいと言った場所を彼が下調べしてお出かけするデートばかり、、、
まだ会って間もないのに、
好き!という感情もまだ湧いてないのに
こんなにしてもらって大丈夫なのかと健気なご相談がありました。

好き!という感情がないのは当たり前。
だってお見合いからの出会いだから。
だから頻繁に会って好きになるものなんです。

彼女の場合は気を遣いすぎてワガママなんて言わないから、ワガママかなぁと思うぐらいが丁度いい、そして自分が楽しいと思うことをどんどん彼に発信していくことで、お互いがよく分かるようになってくるはずです。

彼は彼女の行きたい場所の希望に喜んで付き合ってくれているんだから、彼は彼女の喜んでいる姿が嬉しくて彼女の希望を叶えてくれているのかもしれません。
物足りないなんてことは言わずに、
彼の前で楽しくいられるよう、
駆け引きせずに自分の気持ちを伝えることを
アドバイスしました。

学生時代の好きとは違って、
結婚を前提にしているから日々の暮らしありき。
好き好きよりも一緒にいてラク、気を遣わないが鉄則。

交際期間が決まっている結婚相談所ですから、できるだけ会う頻度を増やして、
結婚=生活が考えられるお相手か考えないといけません。

駆け引きせずに
自分はどうしたいのか
しっかり自分と相手と向き合うこと。

デート報告をこまめにして
気持ちの揺れを矯正していき
前向きに頑張っている人から
早く卒業されていきます。