恋活と婚活の使い分け

恋活と婚活の使い分け
恋活は、巷で開催されるパーティが主流の
ライトなお友達作りから始めるもの。
当然、身元確認もライトだし、あくまでも自己責任。
その場の雰囲気を楽しむことが
メインで、マッチングしてもその後はノータッチ。

婚活は、ガチでやっている結婚相談所。
必要書類を提出し、偽りがないことを証明、
登録者は結婚を真剣に考えていて、
会員制のパーティやお見合いを中心に
仲人と密に連絡を取りながら行うもの。
3か月ルールがあって、交際成立後3か月で
結婚に向かって進むのかどうかを決断しないといけません。

最近は、婚活という言葉の抵抗がないので
恋活アプリや街コン、パーティ形式の恋活が
全て婚活括りになっていることから、
パーティ形式の恋活と結婚相談所のガチの婚活を
双方やっている方も増えてきています。

そこで質問。
ちゃんと使い分けできてますか⁈

恋活の出会いなら、
どこのパーティがいいとか
こんな人がいたとか
ここのスタッフはどうだとか
どのくらい彼氏、彼女がいないだとかの
恋活仲間の情報交換はあっても仕方ない。
マッチングして、連絡先交換して、
ラインのやり取りをして、気が向かなかったら、
既読スルーもブロックもまぁ仕方ない。
気軽な出会いだし、誰も見ていないし、、、

しかーし、ガチ婚活では上記項目は全てNG。

お見合い成立後、お見合いをして
交際成立になったら、双方の仲人が連絡先の交換をして、
会員にお相手の連絡先をお伝えします。
そして決められた時間に、
男性から女性へファーストコール。
ファーストコールの際に次の約束をして
ラインの交換をしたりします。
これが流れ。結構手間がかかっています。

ラインの交換はしても、
恋活と同じように
タイプじゃないから既読スルーなどは
婚活やる気がない人と認識され、
お相手からドン引きされます。

ましてや、会いたくなくなったから、
一度も合わなくての交際終了、などは違反行為。
キャンセル料の支払いが発生します。
お見合いのキャンセルも同様です。

結婚相談所のご入会の際にまずはしっかり
確認すること。
書面への記載もありますから、確認して
不明な点は納得するまで、確認してください。

あらかじめ決まったルールで運営し、
安全、安心、確実の出会いを提供するよう
仕組み化されている結婚相談所。

恋活と婚活をはしごしている方は
今はどちらの立ち位置か認識して
動いてください。
それぞれにルールがありますよ。