たった1回で判断できたらキセキ

良くも悪くもないなら、デートなんかありえんし、
という考えは、まだまだ恋したい人の考え。
いいなあと思う人にだけ攻めたらいいんです。
しかし、それが言えるのは出会いに困っていない人だけ。

結婚相談所の活動で、お見合い後の交際希望基準は、
良くも悪くもないなら交際希望を出す!ということ。
お見合いしてから、ゆっくり考えるという作業は、
悪いところを無理して探して掘り起こそうとするので、
直感で決めるほうが一番確実。
この直感はお見合い終了後が一番働きます。
だから弊社会員さまは、お見合い後すぐに
連絡が入ります。

そもそも、プロフィールしか知らないお相手と
1時間程度のお茶で、キュンとくる確率は相当低いのです。
ご成婚した方のお話を聞いても、
タイプじゃなかったけど、
一緒にいてラクだったとか気を遣わなかった
とかがパートナーを決めた理由の方が多く、
一緒に過ごすことで育まれていくものなのです。

タイプの人と出会っていても、
うまくいってないということは、
タイプの人とパートナーになる方が違うということです。
これ、恋愛する相手と結婚する相手は別だよ
ということに繋がります。

好きでないし、良く分からない
良くも悪くもないなら、
たった1回で切るのは超勿体無い。
是非もう一度お会いするべき。
デートしてみて、気にかかることがあるなら
ごめんなさいをしたらいい、ただそれだけです。

好きでもないのに誘うってどうなん?

好きでもないから好きになれるかどうかを
確かめる為にデートするのです。
嫌じゃなかったら、デート中に次回アポは必須。
そこでごまかされたらゲームセットです。

焦らしてみようとか駆け引きしてみようとするのは、
結婚相談所の交際では超ダサい行為ですのでお忘れなく。

いずれにしても、何回か会ってみて
自然とお相手の良さがわかるもの。
王子さまもシンデレラもいませんから
等身大の自分で素直に会ってくれたことを
感謝することから始めてみてもいいんじゃない?

好きは後からついてきますから
ご心配なく。