仮交際とは何?
仮交際とは、結婚相談所の活動において
お見合いから交際に発展して、
何度かお会いしてみてから、
結婚を前提とした
真剣交際へ移行する期間の交際のこと。

まだよくお互いに分からないから
何度か会ってみて、、、という段階ですから
その間には、他の方とのお見合いがあったり
仮交際があったりもします。
これは結婚相談所の活動ならではのことです。

仮交際が成立して
初回のデートの約束から続けて
3回 4回と会うことができて
デートで過ごす時間が長くなれば
2か月くらい経った頃に
真剣交際のお申し出をして
結婚を前提とした真剣交際へと進みます。
この2か月くらい経った頃というのは
交際期間は3か月という基本ルールからきたもの。
3か月では決められない場合には、
お付き合いを延長することはできますが
とりあえずキープ的なお付き合いはできません。

結婚相談所のお付き合いだから
黙っていても3か月付き合っていたら
結婚に進むよね。ということはありません。

恋愛の時に、好きです。お付き合いしてください。
という告白の代わりに、
真剣交際に移行したいなと思ったら
結婚を前提とした真剣交際にしたいです。
と告白しないと前には進みません。

真剣交際に入ったら
お見合いの申し込み、申受け、
複数交際ができなくなりますから
真剣にお相手と向き合うことになります。
そして
お互いの結婚に対する価値観を確認し
真剣交際を経てのプロポーズです。

3か月という時間は、 自分の時間でもありますが、
お相手の時間でもあります。
あまり興味が持てないな、
会いたいという気持ちが起こらないな、
友達と遊んだ方が楽しいな、
などという気持ちが湧いたら、繋ぎ止めておくのは
お相手を縛っていることに繋がります。
その気がないなら、交際終了を。

また相手のことが気になってきた
好きの気持ちが湧いてきた。
一緒にいることがラクで楽しい。
というプラスの感情が出てきたら
お相手に伝えていくことで、
スムーズに真剣交際に移行しやすくなります。

いずれにしても時間は大事。
交際期間を意識して
交際を進めていきましょう。