目覚ましを消しての二度寝は気持ちいいけれど

朝の一番
気持ちいい時間に、目覚ましが鳴る

あと5分寝せて〜
目覚ましをリセットして
あと5分だけ
超気持ちいい時間。

気がつくと
マジにこんな時間!
目覚まし切ってたし・・・
やばっ あの時頑張って起きてればよかった。
焦りまくってバタバタ。

こんな経験誰しもありますよね。

この感覚 婚活にも当てはまります。
まだ早いからもう少し、、
その間は何も考えずに楽しいけれど
周りはしっかり準備していて
やばっ 自分ひとり残ってしまった、、って
ことはありませんか?

正直婚活は30過ぎたらでも
遅くないなんて思ってない?

社会人になったら学生のときと違って
ふんだんに出会いはありませんから
同年代の方と結婚を考えているのなら
若さという最大の武器がある時から
活動するのがベスト。

なぜなら20代で結婚するカップルは
学生時代から知り合って
お付き合いをしていることが多いから。
すでにこの時点で出遅れているもんね。

周りが彼氏 彼女の話をし始めた時が
最初の波 、即ち目覚ましが鳴る時間。
あと5分 あと5分は
自分が目を背けた時間。
マジか 自分ひとりになってしまった というわけです。

いつか起きなければいけません。
バタバタ用意して間に合わなせればいけません。
もう諦めて三度寝だったら何も言いませんが、
まだなんとか慌てて間に合いたいならば、
これは二度寝の癖を矯正する目覚まし的な婚活ができる
結婚相談所はベスト。
それは二度寝の心地よさを引き裂くものだから、
覚悟を決めないと辛いことがあるかもしれない。
でも目覚まし的感覚で現実に
しっかり向き合うことができるのです。

その目覚ましの使い方が
合うかどうかは人それぞれ。
そんな時に自分に合うか合わないかを
試すことができるシステムがあります。

詳しくはこちら。
https://www.avanju.com/otameshiplan/