オチがない話はいつまで続くの・・・

校長先生の話や結婚式のスピーチ、
一体いつまで続くんだ?まだ終わらないの?
一生懸命話をしているのは分かるんだけど
話が長いという事実しか残らない。
誰しも経験があることだと思う。

先日お見合い報告をしてきた男性も
女性がひたすら話続けるので
で?オチは何?と思ったそう。
たぶんこの女性、ノープランで自分のことを
話せばいいと思っていたのだろう。
話のゴールを考えていないのである。

超一流の雑談力の安田 正氏によれば
コミュニケーションがうまい人は
雑談の中でもこの話題はここに持っていこう
会話の中でこれを聞こう、
このことを伝えようとポイントを決めているそう。
相手の置かれた状況を知りたい
相手のプライベートを知りたいと雑談の中に
目的を置くと、その方向に向かって
相手のキーワードをうまく拾って会話を繋げることが
できるとのこと。
伝えたいことは何か
何を聞きたいのかを意識してオチや結論ありきで進めたらいいようだ。

幸いにも、結婚相談所のプロフィールには
趣味、嗜好の欄が記載されている。
ネタの宝庫である。
食べ歩きが好きな方だったら(意外に多く書いてある)
今まで行った所でこれは勧めたいという店があるか、
なぜ勧めたいと思ったのかとかを引き出して見ればいい。
特に、食べ物ネタは鉄板なので
じゃあ今度行ってみます?という展開に繋がる確率が高い。
食べ物は裏切らないのだ。

ツッコミどころがないダラダラとした話は
退屈そのもの。
お見合いの時の話さなければいけない圧に
怯むことなく、雑談の中にもゴールを意識してみよう。

参考文献 超一流の雑談力
安田 正 文藝社