美味しいって言わなきゃダメ?

健康志向の薄味が好みの人もいれば
塩分ガッツリの濃いめの味が好きな人もいる。
味の好みは千差万別。
これ美味しいから食べてみてー。と勧められ
120の確率で美味しい!と断言できることはあるだろうか?
実際誰もが、これそんなに言うほど
感動する美味しさなのか、、と思うこともあるはずだ。

テレビで見た話題の店に彼女が行こうと言ってきた。
彼女はレポーターが絶賛していたものを、
これ美味しいって言ってたから食べてと勧めてきた。
やっぱり美味しいねー。と彼女が同意を求めてきたが、
そんなに言うほど美味しいのか??
食べたことない味だから分からない・・・
上品な味過ぎて、なんか足りない。
味の主張がない、、、
そんなに美味しいの?がホンネ。
でも何か伝えなきゃ、、、

うーむ 俺の口には合わないかなー

はい。撃沈。彼女の顔に泥を塗った。

古舘伊知郎氏の言葉は凝縮するほど強くなる
という著者の中に
自信がない時にはいい切らないすり抜け力という
ことが書いてあった。

これはズバリ曖昧にするテクニック。

ねっ?おいしいでしょう?と言われ、
素直においしいといえない場合
「美味しいかもー。」を使うと乗り切れるようだ。
これで彼女からのバカ舌認定を避けることができる。

昔、食いしん坊バンザイの初代レポーターだった渡辺文雄さんは、
好きな人にはたまらんでしょうなぁ。と言っていたそう。

なるほど、誰も傷つけない。そして嘘ではない。

何かにつけ、二者択一を迫られるご時世。
断言しにくい時に使う、かも〜のフレーズ。
正直に伝えると、相手の面目を潰しかねない時の
すり抜け力フレーズ かもね~
これはストックしておいた方が良さそうだ。

これだけのことで、
ピンチがすり抜けられるならラッキーだ。

参考文献:言葉は凝縮するほど強くなる 古館伊知郎著 ワニブックス