電話派 とメール派
先日のセミナーでの参加者からの質問。
 
電話をしろって言われても相手の都合も
あるだろうし、電話って時間を奪うでしよ。
電話のタイミングが分からない。
メールじゃダメですか?
 
答えは
電話派
メール派
それぞれその人に合わせればいい。
絶対電話じゃなきゃいけない決まりもない。
かなりざっくりだけどその通り!
連絡に変わりはない。
 
メールして、今電話いいですか?と確認してから電話する。
面倒くさいけど最近の常識。
ただしそれをするには、
リアルタイムで既読がわかるラインが必須。
(ショートメールじゃ既読は分からん!)
 
結婚の学校の女子校の先生曰く
電話は周りの人に会話の内容が漏れるから周りに気を遣う
(親と同居だったらそうだよね・・・)
ラインだと会話履歴が残るので
ちゃんと確認できるから安心するという声が
婚活女子には多いらしい。
 
しかし、メールの落とし穴は言葉が残ること。
再確認できて、ふと我に返って考える時間が
取れるから、言葉のチョイスには注意が必要なのだ。
日本人独特の曖昧などちらとも取れる表現や
言葉の使い方で、あーも取れたりこーも取れたりする。
その場で違うよと否定できないのが面倒だ。
 
私みたいなせっかちな輩(笑)
メールを貰って???と思ったら
すぐにこれってこーゆーこと?って電話するけど、
なかなかそーはいかない人は
メールは送るまえにしっかり確認してね。
 
電話は口下手は通用するけど
メールに口下手はないからね。