今まで大事にされたことがないから
彼からのお誘いが新鮮で楽しい。
 
これはいろんな人に会ってきたから言える台詞。そもそも交際経験がなかったら、
新鮮に感じることも出来ず、
なんか下心があるんじゃない???と
疑いの目から入って詮索してしまうもんね。
そんなことをされたら、まずうまくいくはずがない。
 
前出のこの彼女、
大事にされたことがないのではなく、
気の合わない人とお付き合いしてただけ。
自分が我慢すればなんとかなるって
思って、無理に相手に合わせてたから
そう感じていたのかも。
 
これは基本いい子に多いパターン
頑張って無理して疲れる。
 
でもね、キツイけど、こういう交際を経験しないと、目の前に現れた人が唯一無二かけがえのない大事な人と感じることができないんだなぁ。
 
要は沢山の人を見てきたから
その人の良さがわかるということ。
 
沢山お見合いをしてもいいじゃん。
沢山パーティーに行ってもいいじゃん。
いろんな人に会うことで
笑いのツボがあったり、
食べ物の好みが一緒だったり、
どこかお父さんやお母さんに似ていたり
長い時間一緒にいてラクだったり
気を遣うことなく過ごせたりする中で
キラッと光る尊敬できるスポットがあれば
それが運命の人。
 
また、なんか変な人に会ったなぁ
全然積極的じゃない人だなぁ
自分のことしか話さない人だなぁ
いつも忙しい人なんだなぁ
そんな人に出会っても、
それはまだ運命の人に出会うために
【こんな人もいるんだから勉強させてもらいなさい】という神さまの粋な計らいかもしれない。
 
この少しキツイ粋な計らいは
運命の人に出会った瞬間
なんとまぁタイミングよく
うまく廻るようにセッティングされている。
 
いい人に出会わない人は
いい人に出会う準備が整っていないだけ。
人の目なんか気にせずに
いい人に出会うためにいろんな人を見てみよう。
 
神さまのキツイ粋な計らいも
運命の人に出会えば、笑い話になるからね。