交際期間3か月って正直誰でも、そんな短期間に決めるって無理っしょって
最初は思う。
 
 
恋愛ならば無理かもしれない。
名前や住まいや職業や年収や趣味趣向や家族構成など全く分からないから
まずはリサーチから始まって、何回か会ううちに
なんかいいかも~から交際が始まって、
いろいろ聞いていることに間違いないかどうかチェックし
【結婚】を意識するからね。
楽しいことが先立って現実的なことは後回しだから
時間がかかって当たり前。
 
 
結婚相談所はそういうところをすべてクリアしたところから始まる。
各種書類を準備してもらい、情報に間違いがないかどうかチェックし
それをサイト上で公開することにより
【結婚相手としては条件はクリア】な方とお見合いするから
相性が合えば、展開は早いのである。
【お互い結婚したいと思っている人との出会い】だから。
障害物は何もないわけである。
 
とはいえ、急遽訪れる運命的な出会いに躊躇してしまう方も中にはいる。
彼のことは好きだけれど、あまりの環境の変化に頭がついていかない。
特に恋愛初心者に多い現象である。
このまま、結婚を決めていいのかな・・・
結婚したら、仕事・住まい・名前・家事などどう変化していくのか不安でたまらない・・・
とにかく変化が怖い・・・
いわゆるマリッジブルーである。
 
 
ここで交際3か月という縛りに対し【真剣度】が試される。
結婚に進むのかどうか・・・
そんなまだ無理~決めきれないという方には
理由が何かを確認する。
ただ単に、お互い忙しくて月に1回も会えていないから、悪い人じゃないんだけどね・・・の
レベルだったら、たぶんこのままでもだらだら付き合ってしまうだろう。
ここはお互いそこまで相手を優先させるべき相手と考えていない証拠だから
仲人側から【交際終了】を持ち掛けることもある。
基本3か月がルールだから、交際延長はこのパターンではありえない。
 
 
しかし、交際延長になるパターンも存在する。
お互い結婚には前向きではあるものの、
不安でたまらないのでじっくり話し合って決めたいというパターン。
あくまでも【結婚前提での真剣交際】である。
これはお互いの同意、お互いの仲人の同意が必要なパターン。
緩和措置で前向きならば優しく見守りましょう・・・というもの。
これは、最長6か月までの延長措置。
ひとつずつゆっくり不安を取り除き
安心して喜びに満ちた結婚へとサポートしていくシステムである。
これなら、早まった! 無理に結婚させられた!なのの
結婚相談所への風評被害はなくなるよね。
 
 
いずれにしても、結婚相談所に登録しているということは
【短期間で安心してパートナーを見つけたい】とい思って入会しているわけで
相手のために時間をつくることもせず、自分ファーストだったら
そもそもうまくいくわけもない。
そのための時間管理をして、うまくいくように考えて動いているのが
結婚相談所のシステムである。
だから、期間設定にはうるさい。
でも悩みや不安を相談すれば、柔軟に対応できる。
 
 
結婚に対する不安や疑問はできるだけ抱えずに吐き出した方がいい。
一人で紋々と悩むとループに陥ってしまう。
またここで重要なのは、不安や疑問を吐き出す相手を間違えないこと。
親に相談すると、結婚前にネガティブな印象が相手についてしまうことも・・・
また独身の女友達に相談すると、不安要素をさらに広げてくれて
【結婚辞めた方がいいんじゃない?大変そう・・・○○ちゃん可哀そう・・・】
という同情めいた邪魔をされたりしてくる。
 
 
ここで大事なのは不安は直接本人に聞くこと
聞いてもまだ不安なら、第三者に聞いてもらうことである。
公平な目で見れて、話を聞いてくれる人、この役割が仲人である。
結婚相談所はただ単にお金がかかるわけではない。
こういうフォローを細かにする前提で初期費用がかかっている。
 
 
弊社にご入会される方にはよくする話だが
仲人を使い倒すことも料金に含まれているので
使えるだけ使い倒してくださいね・・・
こんなことを聞いたら笑われるなんて思わず
じゃんじゃん聞いてくださいね。
遠慮が一番もったいないからね・・・
 
 
そして結果、何でも相談し使い倒した(笑)方から幸せになっていっている。
 
 
規則が厳しいからこそ、二人の足並みを揃えていけるのが結婚相談所。
しかし、厳しいばかりではなく
ちゃんと一人一人と向き合ってベストを追求していくのは
結婚相談所でしかできないサービスの醍醐味であると思う。