おめでとうって思えないんだよね・・・
 
 
 
11月22日 壇蜜と安藤なつの結婚発表。
TVでしか知らないふたりだけど
また先を越されてしまったと嘆いている
独女も多いことだろう。
自分の方がまだマシ
知りもしないのに勝手にマウンティングしていたからこそ、
余計に凹む訳である。
 
 
 
独女の結婚への一抜けは、余程の親友でない限り独女同士では
本心でおめでとうとは言っていない。
口だけおめでとうで気持ちはこもっていないことが大半だ。
女性が多い会社だとそのことさえ触れることをしない輩もいる。
恐るべし女子の実態である。
 
 
 
えー、私の方が彼女より美人だし、
彼の年収もそこそこで大したことなさそうだから、大変そう、、
私はまだまだ高スペが狙えるし、、など
訳のわからない僻みを抱き
そして敗北感を味わいたくないので
天竺に向かうように高スペへの旅を続けてしまう・・・
 
 
 
なんとも皮肉、
今考えるとかなり残酷な遊びだが、、
子供の頃のはないちもんめの遊びを回想してみてほしい。
1人ずつメンバーが相手に選ばれて
自分だけが残るんじゃないかという恐怖感と孤独感と
似ている感じである。
 
 
 
私どーなるんだろ
ずっとこのままひとりなのかな
年頃になったら結婚してたはずなのに
ひとりで死んでいくのかな
私 可哀想すぎるんじゃない?
なんで私だけ出会いがないのかな
 
 
 
そんな気持ちのまま、当然おめでとうは言える訳はない。
しかし優しい独女は、おめでとうを素直に言えないことに自己嫌悪さえ抱き、
自分が悪いからうまくいかないんだと思ってしまう。
自己肯定感が低く
周りの人にちゃんと自分の気持ちを伝えきれない
いい子ちゃんタイプの女子が陥る感情である。
 
 
 
結婚したからって勝ち組じゃない
結婚したからって幸せが保証されているわけではない。
結婚していない=不幸せではない。
 
 
 
結婚したのはたまたま出会いがあったから
タイミングよく全てが流れたから
まだまだ運命の人に出会っていないだけだから卑下することはない。
他人のことを羨むより
自分史上最高の状態で運命の人に出会う為に
身も心もメンテナンスしていく方が大事だと思う。
 
 
 
時間は平等。凹んでいたり僻んでいたりする時間はもったいなくない???