どうせ・・・やる気ないよねと思われる女性
 
お見合いの開始時間に遅れるわけではないのだが
かなりの確率で、時間ギリギリにやってこられる女性がいる。
 
 
往々にして
お見合いを申し込まれた側で
担当仲人さんがお引き合わせに来ない場合である。
仲人さんいたら、注意されるもんね。
 
 
 
そもそも結婚相談所のサイトを見ればわかるだろうが
圧倒的に女性が多く、男性が少ない。
ましてや、自分から申し込みをすることもない女性だったら
むしろ【私を見つけてくれてありがとう!】なのである。
それなのに、【来てあげた】的なぎりぎりの時間で到着。
ありえない・・・何様だ。
 
そんなに、嫌だったなら
お見合いを受けなければいいのに。
化粧直しも何もしないまま、
ただでコーヒーをご馳走になり、
適当に話を合わせて、
お見合い時間を切り抜ければいいと思っているんじゃない??
 
 
 
それ、お相手には伝わるよ。
 
 
 
それで相手もテンションダウンする。
話も弾まない・・・
だから、交際へも進まない。
ホントはいい人なのかもしれないのに、
最初からシャットダウンじゃ仕方ない。
そして、こういう態度をいっぱい見てくると、
男性側も「どうせ、今日もうまくいかないんだろうな~」
とうまくいかない前提になってしまうので
どんどん縁遠くなってしまうのである。
 
 
 
お見合いは、男性は気合を入れてくる人が多いが、
女性は、どことなしか【他人事】のようにしている人がいる。
男性は、【結婚】に向けて、相手を好きになろうと
いいところをいっぱい探そうとするが、
女性は【結婚】に向けて、少しでも将来の不安を少なくして
好きになってその先に【結婚】と思っている。
不安を減らしたいから、いろいろ観察して、
なにか不安なことがないかを探している。
 
 
 
男性の年齢や年収、職業、家族構成を吟味し、
結婚したら、彼の収入だけで生活できるか、
将来お相手の親の介護はあるか、
転勤は100%ないか、
自分の親元からあまり遠くに離れなくていいか、
先に結婚した友人に紹介するのに気後れはしないか、
自分の環境はあまり変えずに結婚できるか・・・など、
ジェット機並みにいろんなことに妄想を膨らませて、
自分にとって都合のいい相手を探そうとしている。
だから、最初から好きになってもらっては困る。
だから、よそよそしくて壁があるのである。
 
 
 
正直、見かけもスペックも環境も、
自分にとっての100点満点などいるはずがない。
自分を棚に上げすぎである。
 
 
 
大人の女性で【結婚】を意識しているのであれば、
お見合いをしてくれ、
自分のために時間を割き、
しかも赤の他人の自分にお茶を奢ってくれるという事実に、
最大限感謝するべきである。
少し早めに到着し、身づくろいをし、
笑顔でお相手にご挨拶する、
自分からも遠慮せずに、質問を投げかけてみる、
お見合い時間の間はせめて楽しく過ごそうとする・・・
これは、お相手に対する最低限のマナーである。
 
 
これだけでお見合いの時間の苦痛要素は減る。
 
 
 
このマナーができずして、
お見合い苦手~
誰かもっといい人いそう~と思っているならば
どんどん先を越されてくことは間違いなさそう
周りも自分も不幸にしていく流れだね。
自分のことしか考えられないなら、
まだ【結婚】する時期ではないのかもしれない。
 
 
 
お相手にした態度は、
ブーメランのようにして、
自分に降りかかってくることもお忘れなく。