なぜ結婚したいのかを考えてみよう
 
 
 
お申し込みしてもうまくいかなかったり
お見合いしてもなんかピンとこなかったり
交際になっても2回目がなかったりが続くと
焦りが出てきて
『自分は結婚に向かないのかな~』って沈みがち
 
 
 
そんな時には初心に帰って
【なぜ結婚したいのか】を考えて自分自身を鼓舞してみましょう
 
 
 
① 老後になってひとりでいたくない
孤独死のニュースなどを見ると、老後の一人が不安になる
誰かパートナーがいたら、食事や健康面などを気にかけてくれるひとがいて心強い
 
② 子供を作って幸せな家庭を築きたい
甥っ子や姪っ子 友達の子供を見ると可愛い
友人や同僚の結婚式で刺激された
友人も結婚して家庭を持ったら、休日に遊ぶ人も減ってきた
そろそろ自分も子供が欲しい
 
③ 周囲の目が気になる
まだまだ結婚して一人前という風潮が根強い
独身というだけで、結婚できない人というレッテルを貼られてしまう
 
④ 経済的に楽になりたい
ひとりのお金だと先行き不安だが、お互い働くことによって
収入が倍になり生活に余裕ができる
女性の場合は今の仕事のペースを少し落としてゆっくり働きたいという思いだったり
仕事を辞めたいという思いも重なる
 
⑤ 親にプレッシャーをかけられる
自分があなたの年齢の時には結婚して子供がいた
もういい年齢なんだから、いつまでもふらふらしてないで
結婚しなさいとか早く孫を抱かせてほしいと親から言われる
 
⑥ 結婚にあこがれ
好きな人と一緒にいられて毎日が幸せ
TVや雑誌で見るようなドレスが着たい
 
⑦ 周囲への幸せアピール
友人や知人に幸せであることをアピールしたい
などですが
その理由を踏まえて
結婚したらどうなっているのか
結婚しなかったらどうなっているのかを思い描いてみるといいでしょう。
 
 
 
ここはできるだけ頑張って結婚したらどうなっているかを思い描きましょう。
これはたぶん前向きな明るいポジティブな言葉がいっぱいです。
それをできればメモっておき、不安になったら見返す癖をつけることをしてみましょう
自分自身の言葉は誰がなんと言おうと自分に一番しっくりなじむはずです。
結婚しなかったらどうなるのかは、正直恐怖の言葉しか出てこないはずです。
恐怖からは誰しも目を背けたいもの
その言葉が結婚できないように自分に足枷をしてきます。
 
 
 
結婚できないんじゃないか
結婚に向かないんじゃないかって頭をかすめたら
結婚したらどうなっているかの未来のメモを見直して
アドバイザーに話を聞いてもらって
不安体質を克服していきましょう。
 
 
 
人は変わることができます!
ポジティブにもっと方の力を抜いて【LET’S 婚活!】