人見知りなところがありますが、慣れるとお話できます・・
たまに見かけるプロフィールコメントです。
 
 

自分は慣れるまで時間がかかるから、それまで気を遣って話してね
という風に取れるのは私だけですか・・・(ひねくれすぎかな?)

 
 
人見知りをウィキペディアで調べたことありますか?
ウィキペディアでは【従来は子供が知らない人を見て、恥ずかしがったり嫌ったりすることである。
大人の場合は、内気、照れ屋、はにかみ屋、恥ずかしがり屋の言葉を充てるのが標準的である】
と書いてあります。
 
 
 
 
そもそも、お見合いは、通常の自分のフィールドにいない人との出会いです。
通常は出逢わないだろう的な人との出会いだから、多少なりとも緊張しないわけがないのです。
 
 
 
子供だったら、人見知りでモジモジしていても仕方ないと諦めつくけれど
いい歳をした大人が人見知りと最初から宣言されてモジモジされていても・・・どうなんでしょ。
お見合いという舞台に立った時点で、それはもう相手に対して責任を丸投げです。
相手がお話を振ってこなかったとか、無言の時間が続いたからお断りというのは
話を聞く態度や表情が、相手に対して不安バリアを張っているということも考えられます。
 
 
 
最初から不安バリアを張られていても、進展の見込みはありません。
これが、職場やサークルの仲間だったら、何回も会ううちに顔なじみになり
声をかけられるようになり、親しくなって恋に発展することがありますが
お見合いは一発勝負です。
人見知りだから、自分のことを分かってくれて、変えてくれる人募集中!と言われても
自分が心を開かないのに、相手に心を開いてもらおうとするのは
エスパーでもない限り難しいかもしれません。
 
 
 
 
 
自分自身の評価が低いから、対人関係に緊張や不安が付きまとって
うまく話さなきゃ聞けない いい人と思われなきゃいけないという思いが強いから
「こうでなきゃいけない」「あーでなきゃいけない」と勝手に高いハードルを作って
口数が少なくなったり、目を見て話さなかったりしているのです。
相手からどう思われるかすごく気になるけれど
自分が思うほど、他人は気にしていません。
 
 
うまく話そうとは思わなくていいです。
コミュニケーションがとれる範囲で十分です。
誰もあなたに秀逸なことを言うコメンテーターを望んでいません。
相手が話をしているときに、笑顔でうなずいたり、相槌を入れたりするだけでOKです。
『自分の話をちゃんと聞いてくれている感じがいい人』になることができます。
ちゃんと聞いてくれている=安心できる人です。
相手から質問されたあとに、自分の話をして相手に同じ質問を振る、
何を聞いていいか分からない時は、たちつてとなかにはいれを意識して口にしてみてください。
 
 
 
 
会話に詰まったら
た・・・食べ物 好きなもの 嫌いなもの 最近食べた話題の物など
ち・・・地域  出身地 住まい 名産品の話など
つ・・・通勤  電車やバスの路線の話など
て・・・天気  天気や天候の話
と・・・富   景気・最近買ったもの・学生時代のバイトの話など
な・・・名前  会話の中に名前を入れてみる 名字や名前の由来など
か・・・体   健康法・ダイエット・体にいいもの・サプリなど
に・・・ニュース 
は・・・流行りのものなど 
い・・・異性  好きな芸能人の話
れ・・・レジャー 最近行ったレジャースポットの話 趣味の話など 
なんか話ができそうじゃありませんか?
 
 
 
 
話す内容よりも、見た目の雰囲気(表情・しぐさ・視線)が大事なのです。
大なり小なり人見知りはお互い様。
むしろ、いつものあなたを知らない人との出会いだから
自分がなりたい自分で相手に接しても
『なんか、いつもと違う~!!』なんて陰口をたたかれずに済みます。
 
 
 
 
 
自称、人見知りは、鏡に映った自分を見ると、恐ろしいほど表情がありません。
まずは笑顔の準備をして
なりたい自分で突撃しましょう。
 
 
 
 
 
自分が変わりたいと思って、一念発起して婚活を頑張っているのだから
できるところから、自分で変わっていきましょう。
そして、『人見知り宣言』をやめて、なりたい自分にチャレンジ
不安バリアは自分しか破れません。