モテ女性は結婚相談所でも大人気ですぐ成婚できると思ってますか?
答えはNOです。
彼女たちは恋愛経験が豊富そうで
過去の男性と比べられたら嫌だな・・・と男性が無意識に思っているから。
比べられること自体がもう男のプライドが許さないのです。
 
 
 
 
 
でも、これが遊びなら別。
みんなが狙っている女性とお付き合いできることが男の勲章になるわけです。
女性=自慢できるアクセサリーですね。
 
 
 
 
 
結婚したいという思いがあって、結婚相談所に入会した男性は
遊ぶことを目的にしていません。結婚することを目的にしています。
本気で幸せな結婚がしたいから、遊べそうな女性より
一緒にいて気を遣わないラクな人を探そうとシフトチェンジをしていきます。
 
 
 
ここで重要なのはシフトチェンジしたとはいえやはり男としてのプライドはあるので
他の男性と比べられるのは嫌で堪らないのです。
『今までつきあっていた人の方が高いお店に連れて行っていたんじゃないか?』
『今までつきあっていた人の方が話が上手だったんじゃないか?』など
今までの男性よりも自分が劣っているんじゃないかという猜疑心が出てくるのです。
そこに、『こんな素敵なお店初めて来た』とか『デートで初めてケーキまでご馳走になりました』とか
今まで経験したことがない こういう経験は初めてだと口にすると
男性は優越感に浸れるようです。
 
 
 
 
 
 
結婚に繋がる人は、今まで出会ったことのない心地いい何か『初めて』を持っている人です。
その初めてを味わったときには相手から『大事にされている』という
幸せな気持ちや安心感があったはずです。
 
そのきっかけになった『初めて』は例えば
言ってみたかった話題のお店に行った      →初めて
話題の○○を食べてみた            →初めて
ドライブデートして疲れなかった        →初めて
自分から次回の約束をしようとした       →初めて
全く興味がなかった分野の音楽を聴いた     →初めて
行ったことのない場所に行った         →初めて
長い時間一緒にいても気を遣わない       →初めて
食べ物の好みが似ている            →初めて
などなど 、なんかしらの行動に伴って感じるものです。
その行動に嬉しかった『初めて』を乗せて伝えてみましょう。
それだけで当たり前の日常が、少しだけ特別になってきます。
 
 
完成された王子様も最初からかっこよく白馬にまたがっていたわけではありません。
沢山たくさん失敗して今に至っています。
 
彼女の反応が悪かったらどうしよう・・・という
不安はずっと付きまとっているのです。
男性だから心臓から剛毛が生えていて、何も気にならないということはありません。
少しでもよく見せたいと思うがあまり、女性よりもビビりだったりします。
そこに自信を持たせてあげるのは、『初めてワード』です。
付き合い始めのころにはこの『初めて』ワードはかなり有効
自分の体験の中で初めてを見つけてどんどん男性に発信してみてください。
『初めて』を聞いた男性は、初めてその経験を与えられたということで自信がつき
もっともっと女性が喜ぶ『初めて』を提供しようと、お店選びやデートコース選びにさらに
力が入ってくるでしょう。
 
 
女性も自分の中で『初めてワード』を意識していくことで、自分が一番自分らしく
安心して過ごせるのはどういう時なのか、今まで思い描いていた
『こうじゃなきゃいけない価値観』が少し変わってくるかもしれませんね。