大人になったら、なんも苦労せずに結婚できるんじゃなかったの!?
どうして自分だけ残ってんの???
婚活中の方だったら、誰しもそう思っていたはず。
私もそう思っていた輩の一人です。
 
昔はね、
口下手だろうが、愛想が無かろうが、全く色気がなかろうが
おせっかいな親戚やご近所さんがどこからかお見合い話を持ってきて
気が付いたら結婚してる・・・っていうのがザラでした。
現に、私の両親、叔父、叔母のほとんどがお見合いでの結婚。
世間でいう適齢期頃にお見合いがあり、結婚したのです。
恋愛下手でも、草食系でも、レールに乗れば結婚できた時代です。
でも、お見合い文化は下火になり、結婚は恋愛結婚が主流になってくると
残念ながら取り残される人も出てきました。

そこで婚活中の方に質問!○○を埋めてください。
(〇〇〇〇)+(○○〇〇〇)=成婚(結婚が決まること)
答え出ましたか?
ここには『出会える』+『交際が続く』=成婚です。
環境と行動ですね。
 
 
じゃあ、現在婚活中の皆さんに時を戻してみましょう。
(ぺこぱの松蔭寺さん風に言ってみたつもりです)
 
 
現在の自分の婚活はどうでしょう?
まだまだ遊びたいから結婚は先なのか
ゆったりと構えていて好きなタイプの人が現れたらそのうち結婚してもいいかもなのか
まずは、彼氏彼女を探して、何年か付き合った後に結婚するのか
いい人がいたら結婚したいのか
いますぐ誰かと結婚したいのか
段階によって結婚に対する気持ちは違うけど
ここではっきりしているのは、今の自分が一番若いということ。
女性のみならず、男性もやはり年齢の壁はあります。
若いことは有利です。
1か月でも1日でも若い人の方が有利。
結婚したいという目的は一緒なのに、乗り物を間違えていませんか?ということです。
 
例えば、福岡→東京なら
飛行機で90分
新幹線で5時間
高速バスで14時間40分
自転車で5日 24時間休みなくペースを落とさず漕ぎ続ける前提
徒歩で13日  24時間休みなくペースを落とさず歩く前提
かかります。

あなたは今どの手段で東京に向かおうとしていますか?
 
 
 
結婚相談所の活動は飛行機に乗って東京に向かっているパターンです。
最初のチェックインは面倒だけれど、
回り道も途中で立ち寄るところもなく、まっすぐ結婚に向かっているということです。
(たまには乱気流があって揺れるかもしれないけれど、最短の道です)
CAの役割の仲人が、結婚相談所という乗り物に乗っている間は
お世話してくれるというものです。
またシステムのもとにルールが明確だから、しっかり外敵から保護されているのです。

もちろん、結婚に向かってどの乗り物で向かうのかは各個人の自由ですが
コロナ禍で時代の変革が求められつつある今
合コン、街コン、パーティー主体で婚活をしていた方たちにとっては
新幹線で東京に向かっていたつもりが、活動もできなくて
徒歩で進んでいる状態になっているやもしれません。

現在の結婚相談所は、スマホでお相手選びやオンラインでお見合いやパーティーが開始されている時代です。
このまま歩いて、東京に向かうのはどうなんでしょう?
かといって婚活まで自粛したり、諦めたりする必要はありません。

少しだけ飛行機方式の婚活スタイルが気になった方
婚活中のライバルがお休みしている中、スタートダッシュをしたいと虎視眈々と目論んでいる方
そろそろ未来に向けた結果を意識してみませんか?
現在アヴァンジュでは、無料相談会開催中 
2か月無料で会員さま体験もできますよ。
まずはお気軽にお問合せくださいね!