Peingでのご相談です。

多分、女性のご相談かな・・・

よく聞きます。こういうお話。

男性から話してくれない
男性が口数が少なくて無言の時間が多いというお悩み。
私もこの悩み、めっちゃわかります。
自分も体験したことあるし、今現在も進行形です(笑)

 

クルマに乗っていても無言だし
自宅でも黙ってTV観ていたりする・・・
あまりにも、無言が続いたら、旦那であろうと、

『何か話をすることはないの?』と聞いたりしてます。 
実際はこんな優しい口調ではなく、博多弁丸出しの若干厳しい口調です。(笑)

しかし、そう言われても、

当の旦那は何が?という顔をして見ている。
もう、これは試合にもならない・・・
旦那は旦那でストレスを全く感じていないのだから、

それはそれでいいんだし、
こっちも気を遣わずに好きにするし・・・

そう思ったらイライラするのもアホらしくなりました。

 

 

夫婦でさえ、そんな感じなので、
婚活相手とだったら、余計にそう思いますよね。

しかし、この無口な旦那も最初はどうだったかと言えば、
無理して頑張って話していた感があります。
慣れてくるに従って無口になっていった=本性が出たという感じです。
知らない人やビジネスでは頑張って話していますが、基本無口です。

 

【察しない男 説明しない女】
五百田 達成著 /ディスカバートゥエンティワンの本の中に

男性は日常のリラックスが好きで
女性は記念日などのトキメキが好きという項目がありました。

思い当たることありませんか?

例えば休みの日には出かけたがる彼女と
家にいて、ゆっくりしたい彼氏の話。

 

女性は話すことでストレス発散したり、
周りを巻き込む横社会ですが
男性は基本縦社会の体育会系なので結果主義プライドの塊です。
年上や役職者には気を遣い、そうでなければ普段の自分と使い分けるので、
気が休まる家や彼女、奥さんの前では
力を抜きたいという気持ちが女性より強いようです。

最初から、彼氏は話が苦手と宣言しているので、
慣れていない人には、本当に何話していいのか分からないくらい苦手なんだと思います。

しかし、考えようによっては
話すの苦手だから話聞くよとも取れるし
あなたの意見が尊重されやすい
無口になってもこれが普通だから、気をつかうことないよと宣言してくれているようなもの。

 

そう考えると、お世辞の一つも言えず、のほほんとしているのであれば彼は過剰には気を遣っていない、リラックスしているとも考えられます。

話が上手で女心を分かっている優しくて楽しい男性は
彼女持ちか既婚者、怪しいビジネス勧誘の人が殆ど。(偏見だったらすみません)

多分婚活市場には存在しません。

 

男から話すもんだよ!
なんか話しなさいよ!
という無言のプレッシャーを与えてもあなたが疲れてしまうだけ。

 

四六時中
いつもいつも会話をする訳ではないですよね。
無言の時間もあります。
その無言の時間に
あなたが、嫌な感じがしないのであれば
沈黙に耐え忍ぶというよりも
お相手のリラックスに付き合って
あなたも無理に会話をしようとしなくてもいいかと思います。

いたたまれないような無言の圧力を感じたり、沈黙が嫌な感じがして疲れるならお付き合いは厳しいのかもしれません。

 

お互いのペースが似ていて
一緒にいて気を遣わなくてラクだなぁと
感じた時に、結婚へとお互いの気持ちが
向かうものです。